食材も建築関係もベトナム貿易が盛んな理由は経済と人材にあり

人材

Sub menu

NEW2017年05月12日
貿易においてベトナムを選ぶ理由は労働力にありを追加しました。
NEW2017年05月12日
ベトナム貿易をする理由は経済にあったを追加しました。
NEW2017年05月12日
ベトナム貿易でアオザイの個人輸入をしましたを追加しました。
NEW2017年05月12日
貿易でベトナム人が注目されている3つの理由を追加しました。

≫ 記事一覧へ

ベトナムに貿易する日本企業が多いのはなぜか

★「ベトナムとの貿易」はいまかなり重要視されてきています。現在はもちろん、将来的にもプラスになる可能性があると多くの企業がベトナムとの貿易を検討しているようです。この機会に一度、ベトナムとの貿易を前向きにお考えになってはいかがかと思います。


ベトナムのは、近年では高い経済成長率を誇っており、政治などの情勢も安定しているといわれています。最近では、ベトナムとの貿易に注目している日本企業はとても多く、ベトナムへと進出している企業も多いです。そこで、ベトナムに進出が選ばれる理由として、どのような理由があるのでしょうか。
まず、ベトナムに進出が選ばれる理由として、ベトナムは、貿易促進プログラムを承認しており、輸出産業を支援しています。このため、海外企業が参入しやすくなった、という理由があります。ベトナム人の労働力は非常に期待できますし、経済成長がこれからさらに見込まれる、といわれています。人口の半数以上が労働力として最適な若者であるということから、数多くの優秀な人材が確保することができるという面でもメリットです。
勤勉で手先が器用、まじめな性質なども日本企業に好まれています。また、親日的であるが湯えに、安心して進出することができるのです。
また、ベトナム貿易は、税金、法令の優遇処置などが行われるなど、進出においての優遇が大きいという面も魅力的です。ベトナムは経済発展に伴い、政府がさまざまな開発援助を行っているため、進出先としては非常に魅力的で、ビジネスチャンスがあるといえるでしょう。

ベトナムの食材輸入も人気のベトナム貿易

東南アジアに代表されるエスニックフードは、若い世代の女性を中心に人気の料理となっております。その中でも、ベトナム料理は、米粉で作ったフォーや、レバーペースをバゲットで挟んだサンドイッチなど、ヘルシー志向の料理も多く、アジアと西洋の融合した料理として、多くの日本人から指示を受けています。その為、日本各地でもベトナム料理店が営業を行っています。
ベトナム料理に必要な食材や調味料などは、お店の店主が個人でベトナムから輸入している事が多いです。今ベトナムは経済も好調の為、多くの国と輸出入の貿易取引を行っていますが、国や企業単位だけでなく、個人単位での貿易活動も実は人気となっているのです。
ベトナムの食材は、パクチーやライスペーパー、米粉のヌードルなどの余他、ヌクチャムやスイートチリソース、レバーペーストなどの調味料まで、バラエティに富んでいます。いずれも日本国内では生産されていないので、ベトナムから直接買い付けを行うのが一番お得である事が多いです。
レストランの経営者がベトナム人の場合には、個人輸入も比較的容易に行えますが、日本人の場合には言葉の壁も生じてきます。ベトナム貿易の輸出入を行っている業者を利用するのも有効な方法です。

重機から技術力まで活発なベトナムとの貿易

ベトナムは、東南アジアの中でも今経済発展が伸びている国です。貿易も盛んです。その為、急速なインフラ整備や、企業ビルや公共機関の建物の建設ラッシュなどが行われており、多くの国が経済援助の一環として、ベトナムとの貿易での建設工事を手掛けています。
日本もその中の主要な国の一つです。日本の技術力の高さは世界中から評価されている為、ベトナムとの貿易での建設工事にも一役買っています。日本の大手ゼネコン会社から、現地にエンジニアが派遣されたり、重機メーカーから重機を輸出したり、建設に関りのある物質から技術力、マンパワーまで多くの物がベトナムから日本へ輸出されています。
現地で働く日本企業のスタッフが一番悩んでいる問題が、言葉の問題です。工事の際には現地のスタッフを雇用する事も多いですが、どうしても言葉の壁が邪魔をして、工事のマニュアルなども要点が理解されず、技術力を伝える事もできません。
その為、日本の企業が現地のスタッフの為に、工事や技術マニュアルをあらかじめ翻訳した物を用意している事も多いです。日本国内でも、マニュアルのベトナム語への翻訳はできますので、現地のスタッフの為のベトナム語のマニュアル作りも盛んに行われています。現地の言葉のマニュアルなら、スタッフの理解も早く工事もスムーズに進みます。

Choices

TOP